* You are viewing the archive for 2月, 2012

オセロ中島

人間は人の不幸が大好物な生き物だ。
同情をしている態を装い、内心は不幸になった人物をあざ笑う。
芸能人の転落を描いた番組が高視聴率なのもこのためだ。
波乱の人生を自分の人生と照らし合わせることはしない。
人の不幸な人生を見て笑うだけである。
昨今話題になっているのがオセロの中島だ。
私の記憶では、世界の果てまで行ってQに出演している中島の
印象が残っているが、最近は出る機会がなくなった。
その代わり、松嶋は歴史番組やなんやらにいいポジションで
出演している。
中島を捨てて、自分を取ったか。
女同士のコンビだから、仲が悪いのは仕方なし。
それよりも、不幸な女、オセロ中島をクローズアップし過ぎだろ。

ファイヤーキング

友人から還暦祝いにファイヤーキングをもらったのが、もう10年ほど前になる。
石油会社に勤務し、主に中東での取引をしていた私としては、アメリカはどこか
敵視していた。これは紛れもなく偏見ではあるが、中東の人達に触れてみると
全く争う気持ちはなく、どこか日本人に近い人の温かさを感じた。
昔から宗教上の戦争は繰り返され、多くの犠牲を払ってきた我々人類。
頭では理解できているが、感情という魔物に害されており、21世紀に入っても
同じ事を繰り返している。
話を戻そう。
骨董品などには全く興味がなかった私にとって、友人からのプレゼントは衝撃
であった。
「まあお疲れさま、これでお茶でも飲めよ」
と渡されたのが、ファイヤーキングのマグカップだ。
友人からの照れくさいプレゼントに驚きを隠せなかったが、それ以来ファイヤー
キングのとりこになってしまった。
私が死んだら、お気に入りのマグを棺おけに入れて欲しい。